肩こりの原因と対処法

寒さが続くと、肩こりがひどくなるかたもいるかもしれません。
ここでは肩こりの原因と対処法をを解説していきます。

 

肩こりの原因

肩こりの原因は日常生活にたくさん潜んでいます。具体例をいくつか見ていきましょう。

 

同じ姿勢での作業

長時間パソコンに向かっていることやずっと立ちっぱなしなど同じ姿勢でいることは、首や肩周辺の筋肉が緊張し肩こりの症状がでてきます。

 

目の疲れ

パソコン、スマートフォン、ゲームなどにより目を酷使することや、メガネの度が合っていないなどの目の奥の筋肉の緊張や疲労が肩こりの症状を引き起こすことがあります。

 

運動不足による血行不良

あなたは体を意識して動かしていますか?運動をしていない方やデスクワーク中心で動かないと筋肉が使われなくなり凝り固まってしまいます。そして筋肉の緊張や疲労が起こりやすくなり肩や首が凝るようになります。

ストレスによる緊張

肉体的あるいは精神的にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発化します。結果、肩や首周りの筋肉が緊張し、肩こりが起きる原因となります。

 

寒さによる肩こり

寒いと毛細血管が縮まり血行が悪くなります。そして自律神経の乱れが筋肉への緊張を引き起こし肩こりの原因になります。

 

 

肩こりへの対処法

 

お風呂に入る

38〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。お風呂からあがったら、水気をよく拭いて湯冷めしないように気をつけましょう。

 

マッサージをする、マッサージに行く

自分でマッサージをしたり周りの人にコリをほぐしてもらうのも良いです。マッサージに行く場合は、あまり刺激の強くない程度に気持ちよく受けられるマッサージにしましょう。ただし効果は一時的なものになります。

 

医薬品を使う

肩こりや首のこりの緩和には、ビタミンB1、B6、B12などの有効成分を配合したビタミン剤が含まれた医薬品が効果があります。
医薬品は1か月ほどで効果が期待できるものがほとんどですが1か月たつのに症状が全く変化がない、あるいは更に痛みが増した場合はほかの疾患である場合があります。
その場合は、医薬品の説明文書をもって医療機関を受診しましょう。

 

以上が肩こりの原因と対処法でした。

肩こり,原因