サプリメントと医薬品は何が違う?効果をうたえるのはどっち?

サプリメントと医薬品は値段が違うだけで効果効能が同じだと思っていませんか?

 

ざっくり言ってしまうと『サプリメント』は健康食品(栄養補助食品)、『医薬品』は病気の予防や治療を目的としたものになります。
そして医薬品は国の公的機関から副作用も含めた効果効能を承認されたものになります。

 

詳しくサプリメントと医薬品の違いを見ていきましょう。

 

サプリメントとは?

 

サプリメントは健康食品(栄養補助食品)のひとつになります。
英語で、サプリメント(Supplement)は「補助するもの」「補充するもの」の意味があります。
つまり、普段の食事で不足しがちなビタミンやミネラル、その他の栄養素を補うための健康食品なのです。

 

サプリメント(supplement)とは、栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)とも呼ばれ、ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養摂取を補助することや、ハーブなどの成分による薬効が目的である食品である。略称はサプリ。ダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)は、アメリカ合衆国での食品の区分の一つである。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
出所:Wikipedia

 

 

医薬品とは?
一方、医薬品は、名称や成分の内容、効果効能、副作用、用法および用量、分量などについて、しっかりと品質や有効性、安全性について調査が行われた結果、正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を受けたものになります。
そして、薬事法上特定の疾病や症状に対する予防や治療効果が認められているものになります。

 

医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。 使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。

 

医薬品とは?【定義】
出所:Wikipedia

 

 

そして医薬品には4つの種類あり、効果効能および副作用によって分類されています。

 

 

サプリメントと医薬品で同じ成分なら効果も同じじゃないの?
例えば、膝などの関節痛に効果的と言われるコンドロイチン、ビタミン、カルシウムなどは健康食品として使われているのをご存知かもしれません。

 

サプリメントは食品表示基準に基づき、栄養成分表示が義務付けられていますが、あくまでも『食品』であるため薬ではありません。主な違いは含有量にあり、サプリメントは医薬品に比べ飲む量が低く表示されています。

 

サプリメント
サプリメントも成分含有量を表示してはありますが、この量は製造時の量になります。
つまり、サプリメントを作る時に入れた量であって、時間の経過とともに力価(実際の効力を表す単位)の低下が見られるものについては、たとえ賞味期限内でも表示量が含まれているという保証がないのです。
特にサプリメントの場合は臨床研究などをしていないことがほとんどのためビタミンCなどのビタミン系は成分の安定性や吸収率が乏しいことがあります。

 

医薬品

 

医薬品は、薬事法に基づき今そこにある不快な症状を取り除くために必要な量が表示されてます。
そして医薬品は、しっかりと病院で臨床研究して、管理基準をしっかり維持してるので安心です。

 

また、医薬品の場合は使用期限があり、その期限内は成分含有量が一定の範囲にあることが規定されています。
つまり、使用期限内に含有量が基準未満となってしまうようなものは、医薬品としてはありえないということになりますので品質面でも安心ができます。
なので、同じ成分でも飲むのであれば医薬品が信頼できるということになります。

 

 

まとめ

 

サプリメントは、あくまでも日常の食事で足りない分の栄養素を補い健康維持を目標とするものです。
医薬品は、薬事法という法律に基づき厚生労働省から副作用も含め効果効能を承認されているものです。

 

 

サプリメント,医薬品