トンデケアは筋肉痛の飲み薬!効果的な成分が入ってておすすめ!

トンデケアは、筋肉痛の飲み薬としてもおすすめできる医薬品です。

 

トンデケアには、筋肉痛のほか、神経痛、関節痛にも効果的な有効成分が7種類も配合されているからです。

 

 

筋肉痛緩和に効く薬の成分

筋肉痛の緩和の場合、特に効果的な成分として3つがあげられます。

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)

フルスルチアミン塩酸塩は腸から吸収され、体の組織にゆきわたりビタミンB1誘導体ととなって筋肉や神経に必要なエネルギーを作り出します。
炭水化物などからエネルギーを作り出すのに、ビタミンB1は必要不可欠であり、そのエネルギーによって筋肉や神経の働きは整えられています。

 

筋肉疲労や疲れは、活動するためのエネルギーが、うまく作れなくなることで感じやすくなります。
そんな時に、糖質、脂質、タンパク質と一緒にビタミンB1を摂取することで筋肉疲労を取れやすくしてくれます。

 

しかし食品から摂取するビタミンB1や一般的に知られているビタミンB1は、水溶性の性質を持つため分子が壊れやすく体内に吸収されにくいという特徴があります。
そのような壊れやすい性質を改良したのがビタミンB1誘導体(フルスルチアミン塩酸塩)です。
ビタミンB1誘導体はビタミンB1に比べ、体内へ吸収されやすく筋肉や神経など全身に行きわたり、筋肉疲労などの疲れに効果を発揮します。

 

 

ニコチン酸アミド(ビタミンB3)

 

ニコチン酸アミドは、ビタミンB3あるいはナイアシンと呼ばれています。

 

消耗性疾患や炎症を抑える効果があります。

 

ニコチン酸アミドをきちんと摂取できていればより多くのエネルギーを作り出すことができますので、フルスルチアミンと一緒に配合されていることで筋肉痛への相乗効果を期待できます。

 

 

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

 

パントテン酸カルシウムもビタミンB3やビタミンB1誘導体と同じく、栄養をエネルギーに変える効果を持ちます。

 

脂質、糖質、タンパク質の代謝や皮膚を健康にする効果があります。

 

 

なのでトンデケアは筋肉痛の飲み薬としても十分におススメできる医薬品になります。

 

 

 

 

 

トンデケア,筋肉痛,飲み薬