トンデケアの効果と口コミ【関節痛、神経痛、筋肉痛緩和】

4種類の医薬品の知識

ドラッグストアやインターネットなどで医薬品がたくさん販売されていますね。

 

医師の処方箋なしに購入できる医薬品は大衆薬や市販薬と言われ「一般用医薬品」と呼ばれています。
相談カウンターの奥に陳列されている薬なのでOTC医薬品(Over The Counterの略)と呼ばれることもあります。

 

そして医薬品には「第〇類医薬品」などと医薬品の種類が書いてあることをご存知でしょうか?
医薬品は私たちのの生活を快適にするものですが副作用や取り扱い方法などに注意する必要があります。

 

そのため、医薬品は厚生労働省から認可を受け成分の薬効と副作用リスクの高さに応じて区別されています。
薬の効果効能効と副作用リスクが高い順に「要指導医薬品≧第1類医薬品>指定第2類医薬品≧第2類医薬品>第3類医薬品」と分類されます。

 

では、医薬品の4つの種類にリスクの高い順から見ていきましょう。

 

要指導医薬品

要指導医薬品は、一般用医薬品になってから3年以内のリスクが不確実な医薬品、劇薬および毒薬をさします。
もともとは、医師の処方せんが必要な「医療用医薬品」から、処方箋がなくても薬局で購入できるものに区分が変わった医薬品です。
スイッチOTC、スイッチ薬と呼ばれることもあります。

 

4つの医薬品の中では効果効能とリスクが一番高く薬剤師のみが扱うことができるため陳列棚で厳重に管理されています。
薬剤師からの対面指導と文書での情報提供が義務付けられており、指導説明を受けてから初めて購入ができます。
購入者が使用者本人であるのか確認する必要もあります。

 

 

第1類医薬品

要指導医薬品と同じく使用上の安全性などについて薬剤師からの情報提供が義務づけられています。
要指導医薬品と違う点は、インターネットなどを介した通信販売が可能な点です。
要指導医薬品と同様に鍵付きのショーケースに保管されています。

 

第2類医薬品

第2類医薬品は薬効、副作用のリスクが中程度の一般用医薬品で薬剤師、登録販売者が扱うことができます。
他の薬との飲み合わせでなどでより注意が必要なものが指定第2類医薬品に属しています。
具体的には子供や妊婦の方は服用してはいけない成分が含まれているケースです。
風邪薬、抗アレルギー薬、そして漢方薬など幅広く含まれています。
インターネットなどを介した通信販売が可能です。

 

第3類医薬品

第3類医薬品とは、一般用医薬品のうち、安全、健康上のリスクが比較的低い医薬品になります。
薬剤師、登録販売者が扱うことができインターネット通信販売が可能な医薬品です。

 

 

以上、4つ種類の医薬品の知識でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンデケア,効果,口コミ,関節痛,神経痛,腰痛,肩こり,眼精疲労